風俗求人を見て働きたいと思って面接に行ったとしても、採用をされなければ、風俗嬢として働くことは出来ません。風俗業界といえば、常に女の子を求めているから、女であれば誰でも採用してくれるだろうだとか、若ければいいでしょといった思い。

他にもルックスがある程度にあれば、問題ないでしょうなんて甘い考えを持っている女の子も少なくありません。正直、こういった甘い考えでは、よしんば採用されても、風俗嬢として納得の行く稼ぎを生み出すことは出来ないでしょう。

未経験者であれば、まず疑問に思っていること。他にも知りたいことなどを箇条書きなどにして質問リストを用意していくと良いですね。

こういったことをすると、煙たがられるという印象はあるでしょうが、何気に真面目さをアピール出来て好印象になります。
真面目な女の子は風俗店にとっては、かなりウエルカムなタイプと言えるでしょう。

遅刻や無断欠勤などをしなさそうだし、ある程度に定着してくれそうといった印象も与えることが出来るでしょう。また質問を用意していることで、この業界で働いていくという覚悟ややる気をお店側に感じさせることが出来ます。

質問なんてないし、とにかくてっとり早く遊ぶお金が稼げればいいというタイプの女の子を重宝するようなイメージがありますが、実際にはまったくの逆です。

面接の際にはメモなどを取るようにしましょう。契約内容から、オプションプレイを指名された場合の報酬の歩合。他にもどういったプレイが基本サービスになっているのか。

客層やお店のルールなど、面接の場で説明されることが多いものです。ただ漠然と聞くよりも、しっかりとメモなどをしている女の子の方がお店側も好印象を抱くことでしょう。